多汗症の原因を考えてみる

多汗症になる原因その1

多汗症とは、
エクリン汗腺から大量の汗が出ることです。

全身から大量の汗が出る全身性多汗症、
一部の部位から大量に汗が出る局所性多汗症があります。

その原因は色々あります。

最も一般的とされているのは
精神性発刊型多汗症です。

これは緊張や不安、ストレスから
足や手から大量の汗が出る症状です。

先程言った緊張 不安 ストレスから
自律神経のバランスが崩れてしまい、
交感神経という神経が副交感神経よりも
優位になってしまい、汗腺の働きが活動的になり
足や手から大量の汗が出てしまいます。

これは会社、学校の中でとか、
通勤、通学途中に症状が出る人が多いです。

なので神経質やマイナス思考、
自己抑制をしすぎる人等が
精神性発刊型多汗症になりやすいと言えます。
多汗症になる原因その2

バセドー病、糖尿病、生殖器障害、
急性リウマチ等の病気によって多汗症になることもあります。

これは全身から汗が出る事が
多いので全身性多汗症の分類に入ります。

なので急に大量の汗が全身から出た場合、
すみやかに病院へ行き診察を受けましょう!

それと、ホルモンバランスが崩れる
ことによって多汗症になる場合もあります。

女性は更年期にホルモンバランスを崩すので特に注意してください。

この更年期の多汗症予防をする方法があります。

イソフラボンや葛の根などを食べると
ホルモンバランスを整えることができるので
参考にしてください!
多汗症になる原因その3

遺伝も多汗症になる原因と関係があるそうです。

一番最初に出た精神性発刊型多汗症ですが、
これは性格が大きく関係しているので、
性格が似る遺伝が全く関係ないとは言えませんね。
肥満型の体型人は多汗症?

太っている人はよく汗をかくので
多汗症なんじゃないかと思う方もいられるかもしれませんが
皮下脂肪が厚いので熱を放出しにくくなっているのです。

なのでたくさん汗をかいて
体温調節をしているだけなので
肥満体型と多汗症は何も繋がりはありません。参考にしたサイト⇒産み分けゼリーの値段や特徴を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です