寂しい最寄り駅前

うちの最寄り駅は2年ほど前に大リニューアルで立派になり、その数ヶ月後に駅前にショッピングビルがオープンしました。
ショッピングビルは2階建で、「よくこんな田舎の駅前に来てくれた!」と思うような、今までイ??ンにでも行かなきゃなかったようなテナントが入って、ちょっと活気づいた感じでした。
しかし、それは束の間でした。
今じゃ、半数が撤退してしまいました。
ビルはあるけど中身がない状態です。
古いビルで中のテナントがない話はよくあるけど、新しいのに中のテナントがないって、なんとも寂しいじゃないですか。
腕時計のバンドを交換してもらった時計屋さんも、会員登録したら次回から割引どうのって言ってたけど、記憶も新しいうちに撤退してしまいました。
その割引サービス受けるために別の店舗に行くには、割引額以上の交通費がかかるんです。
去年、母が靴を買ったお店(全国チェーン)も撤退しました。
私が今着ているカーディガンを買ったヤングファッションのお店(全国チェーン)も撤退しました。
ここの開店と同じ頃、近くに共学の大学も開校したのに。
大学生来なかったのかな。
やはり、ターゲットを中高年にしないと、田舎はダメなのかも。
若い子は、都会で買うんですよね、チェーンだから同じもの売ってるんだけど。
あのヤングファッションのお店の後は、シニア向けのお店にならないかしらね。

参考にしたサイト>>>>>赤ちゃん 性別 ゼリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です