お正月の年賀状

まず年賀状が届くということは、

その方に年賀欠礼のハガキを出し忘れていた
または行き違いになってしまったことが考えられます。

通常年賀欠礼はがきは相手が年賀状を書き始める前の
12月初旬には届くように出しますが、

もしお相手が同じ時期に年賀状を投函していたら
行き違いになってしまう場合もありますよね。

では喪中に年賀状をいただいた場合ですが、
寒中見舞いを出しましょう。

寒中見舞いは、松の内(1月7日)を過ぎて
立春(2月4日)までに届くように出しましょう。

欠礼ハガキを送ったにもかかわらず
年賀状をくださった方に改めて寒中見舞いを出すのは
かえって気を遣わせることにもなりかねませんが、

お相手の方はもしかすると
誤って年賀状を送ってしまったことを
後悔しているかもしれません。

お互いにスッキリするためにも
寒中見舞いを出すことをおすすめします。
喪中に届いた年賀状へのお返事はどうする?文例は?

ではどのようにお返事を書くかですが、

まず改めて不幸があったことを伝え、
新年のあいさつをしなかったことをお詫びします。

そして季節のご挨拶をするのがよいでしょう。

その際、欠礼状を出し忘れたかもしれないような一言を添えると
お互いスッキリしますね。

喪中は何かと初めてのことが多かったり
マナーや相手に気を遣うこともありますよね。

今回の年賀状も、お相手のお気持ちもよく考えて、
心のこもったお返事をしてくださいね。よく読まれてるサイト⇒産後の骨盤ベルトのオススメ商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です